irinox irinox イリノックス(調理用)

1台で冷却・冷凍・解凍・加熱。
低温調理や発酵など多彩に対応。

+85℃から-40℃まで1℃単位でコントロールできる

真空調理

一般的な真空調理は、スチコン、湯煎などで行われ、長時間を要します。
マルチフレッシュに任せれば、深夜の時間帯を活用でき、朝には完成。加熱後の冷却も自動で行なわれるので取り出し不要です。
ゆっくり加熱することで離水が抑えられ、やわらかくジューシーな仕上がりに。スチコンをほかの調理に使うことができます。

ヨーグルトやパンの発酵

マルチフレッシュなら、1台で冷却、冷凍、解凍、発酵も。ホイロ庫としても使用できます。ヨーグルトの場合、発酵後に冷却器に移す作業が不要となり、外気に触れることなく、冷却までの工程が可能に。
製パンも冷凍生地の解凍から発酵まで任せられます。
「焼いた後の状態でストック」「焼く前の状態で冷凍ストック」「発酵ずみの状態でキープ」の3通りの運営ができます。
※発酵ができないパンもございます。給水設備はなく、庫内で発生する結露水を活用します。

ショックフリーズ(急速冷凍)

約-40℃の冷気で食品を急速凍結することで氷結晶のサイズを微細にとどめます。解凍時の離水も少なく、冷凍前の状態に近づけます。

ショックフリーズ

食品は、中心温度を-18℃まで急速に凍結することで長期間の保存が可能になります。これを通常の冷凍庫で行うと食品内の水分が大きな氷結晶となり、組織を傷つけてしまいます。マルチフレッシュは、食品の中心まですばやく急速凍結。最大氷結晶生成帯を短時間で通過させるため、解凍したときにも水分や食感、色合いが失われることもなく、鮮度や栄養価がそのまま保たれます。

85芯温 -18℃

省力・効率化・品質に貢献する
マルチフレッシュ独自の夜間調理。

深夜から早朝にかけての、無人の時間帯を活用することができ、作業工程や労働時間が変わります。
しかも、おいしく高品質の料理を衛生的に提供。

その他の特長

簡単に操作できる
コントロールパネル

好みの温度帯を1℃単位で自在に設定できます。触れるだけで、すべての作業にアクセス、実行へ。マルチフレッシュと対話するように操作できます。

特許及び認証取得済みの
イオン殺菌システム

清掃時に手の届かないところ、庫内のファンなどにイオン殺菌システムが自動で行き渡ります。その効果は、イタリアの健康省によって認証されています。1日の作業後や、サイクル使用後に発生する不快な臭いの除去にも効力があります。

トレイ間隔を簡単に
調節できる可動式

パンの高さに合わせてトレイホルダーを20 ㎜間隔で簡単に調節できます。
最大2倍ものトレイを納められ、庫内の有効活用に。しかも食品への冷気の流れは均一に保たれます。ホルダー位置を変えることで600×400㎜フランス天板、ホテルパンどちらも使用可能です。

ブランド

「迅速な冷凍」と「高品質保存」の概念を食品業界に普及

irinox社は、1989年にイタリアのCorbaneseに設立され、ショックフリーザーとフリーザーの専門社として世界中で認められています。
全ての製造プロセスは、イタリア北のトレビーゾ(Treviso)に近い、15,000平方メートルの広さの工場で行われ、まさに「Made in Italy」代表の会社です。
Irinox社は、「迅速な冷凍」と「高品質保存」の概念をペーストリー、アイスクリーム、ベーカリー、レストラン業界など、食品業界に普及したパイオニア会社であり、常にテクノロジーの研究と改善に活動し、そして世界中の産業とプロの横での貴重なパートナーとして活動してきました。
革新的なマインドセットをした会社であって、常に産業的なフリーザーとショックフリーザーのラインナップを広げ、スタンダードを覆す革命の概念を提案してきました。

製品一覧

MF25.1T

詳細を見る

MF30.2T

詳細を見る

MF100.1STT

詳細を見る

MF100.2STT

詳細を見る

MF130.2STT

詳細を見る