カルタ・ファタ

魅せる美味しさの可能性を創造する CARTA FATA。

最高230℃の耐熱性で直火以外のグリル、スチコンなどで加熱のほか、冷蔵・冷凍保存も可能な透明クッキングラップです。

カルタ・ファタの特長

CARTAFATAはイタリアのシェフFabioTacchellaの協力の元、開発された透明なクッキングラップです。最高230℃の耐熱性で直火以外のグリル、スチコンなどで加熱が可能なほか、冷蔵・冷凍保存も可能です。香りや旨み、栄養分を逃さず、一人分の包みから調理可能なため、調理法や提供法で新たな可能性を秘めています。

カルタ・ファタの3つのポイント

POINT1 透明性を活かした包み方の工夫や演出で、魅せる調理の幅が広がります。
透明性を活かしアイデア次第でクリエイティブな盛付けが可能です。
料理をラッピングする感覚は、包み方次第で無限の提供方法、調理法を創造します。

POINT2 最小限の調理で、提供する大きさに合わせて事前下拵え提供分だけを加熱…
調理工程の効率化と短縮を実現します。
下拵、冷凍、加熱調理と食材を移し替える必要がなく、宴会時の大量調理でも、多くの包みを一度に加熱でき、シートパンやプレートも汚しません。包み毎に仕込、冷蔵・冷凍保存すれば、必要な時に必要な分を加熱・提供できます。

POINT3 よりヘルシーに簡単ですばやく調理が可能です。
調理物を全て包んで加熱するため、食材自身の水分や油分で調理されるため、余分な調味料などの使用量が減るうえ、風味や香り、栄養分を逃さず、食材の旨みを引き出すことができます。
また包みを開けると香りが広がり演出としても効果を発揮します。

CARTA FATA 対応調理法

スチームコンベクションオーブン/フライパン

CARTA・FATA(カルタ・ファタ)をご使用の際には、次のことにご注意ください。

カルタ・ファタは、直火で使用することはできません。又、空焼きはしないでください
カルタ・ファタの表面が濡れていたり、水分が残った状態で加熱したグリルなどの上に乗せると、割れて中身が出てしまう場合があります。加熱の際には必ず、表面の水分を取り除いた状態で調理を行ってください。
グリルなどで調理する際は、180℃程度より加熱を開始してください。200℃以上のグリル(鉄板)などに直接置くと破れる場合があります。また最高230℃以上での長時間加熱はお避けください。
IH(電磁調理)機器をご使用の場合は、IH対応フライパンなどにて加熱を行ってください。
包装用ラップとは異なる為、密着性はありません。

製品ラインナップ

CARTAFATA カルタ・ファタ

ロール

正方形シート

製品ラインナップ

ストリング(シリコン製結びヒモ)(145mm 各50個 / 1袋)

(145mm 各50個 / 1袋)